個性は捨てろ!初心者ライターがまず習得すべき5つのライティング術とは

 

自宅でできる副業として注目されているwebライター。誰でも簡単にライターデビューできることから、副業が流行り始めた日本では非常に注目を集めています。

 

しかし、稼げるライターになるには、身に付けるべきライティング力というものがあります。そこで、これまでのライティング経験から、初心者ライターがまず習得すべきライティング法を紹介します!

 

 

初心者ライターが目指すのは”シンプルかつ読みやすい文章”!

 

ライターを始める多くの人が、「評価されるライター=個性あるオリジナリティ溢れる文章を書ける人」と思っています。それは本当に正しいのでしょうか?

 

確かに、個性があり、評価される文章を書けるに越したことはありません。自分にしか書けない文章を持っている方は、個性が光り独立して自分のメディアを持つ時にはその力を生かすことができるでしょう。

 

しかし、少し厳しいことを言ってしまいますが、実はそのほとんどが「個性ある文章を書ける」のではなく、

「人によっては読みにくく、読者を離脱させてしまいかねない癖のある文章」を書いているだけのことが多いのです。

 

ライターとして、読者を離脱させてしまう文章を書くことは、致命傷と言っても過言ではありません。あなたがよほどいい文章を書けるか、自分のライティング に自信のある人でない限りは、まずは分かりやすさ、読みやすさを重視した文章を書けるようになりましょう◯

 

じゃあ、分かりやすく読みやすい文章ってどう書けばいいの?と思う方がほとんどではないでしょうか?

 

そこで、ここから、初心者ライターがまず習得すべきライティング法を詳しく解説していきます。では、早速見て行きましょう!

 

 

初心者ライターがまず習得すべき5つのライティング法

初心者ライターがまず習得すべきライティング法のポイントは、5つあります。それぞれについて、具体的に文章例を見ながらしっかりと理解していきましょう。

 

そうすれば、あなたも初心者ライターながら、稼げるライターへの第一歩を踏み出せるはずです。

 

1.言い回しは常にシンプルかつ簡単に

文章を書く時の言い回しは、常にシンプルで簡単に理解できるものにするのが基本です。つまり、回りくどい言い回しを避け、難しい単語は簡単に理解できる類義語に言い換えるようにすることが大切!

では、例文を見てみましょう。

  1. りんごには、さまざまなものがある。
  2. りんごには、さまざまな種類がある。

ふたつの文章のうち、どちらが回りくどいでしょうか。簡単な文章なのでそこまで回りくどいとは感じにくいかもしれませんが、Aの文章の~のものがある。という言い方は、文章を回りくどくしてしまう原因となります。

 

初心者ライターが目指すべきは、Bの「もの」という言葉をしっかり具体的にはっきりと言葉にした文章になるのです。

 


 

次に、難しい単語の言い換えですが、これは比較的簡単です。例えば、「互いの考え方に齟齬が生じる」という言い回し。これは、誰しもがわかる言葉でしょうか。

 

自分の書いた文章を読むターゲットが中高生だった場合、「何それ?」と思われてしまうような気がしますよね。

「齟齬がある」とは、「食い違う」という意味の言い回しです。ですので、今回の場合は、「互いの考え方が食い違う」と言い換えるのが正しいです。

 

自分の書いた文章を読み返したとき、難しい言葉遣いをしてしまっている箇所を見つけたら、簡単な言葉に言い換えましょう。わからないときはネットや辞書で類義語を調べるだけで、簡単な言葉が出てきますよ。

 

 

2.”語尾”にこだわるとテンポよく読まれる記事に

ライターが書く文章として、意外と大切なのが「テンポ」です。先程の「回りくどい文章」ともかかわってくるこのテンポですが、注目すべきは語尾。

 

同じ語尾ばかりが続く文章はテンポが悪く、どこか違和感のある文章に感じてしまいます。

 

(例)読みやすい文章はテンポが大事です。注目すべきは語尾です。同じ語尾を繰り返すと違和感を感じてしまうのです。

 

この例文は、~です。という語尾を3回繰り返しています。何だかテンポが悪いと思いませんか?これをテンポの良い文章に書き換えてみましょう。

 

(例)読みやすい文章はテンポが大事です。注目すべきは語尾。同じ語尾を繰り返すと、違和感を感じてしまいます。

 

こうすることで、すらすら読める文章になりますよね。同じ語尾は、2回以上繰り返さないようにするとテンポの良い文章が書けるといわれています。

使いすぎには注意が必要ですが、体言止めを活用すると語尾を繰り返さずテンポの良い文章になりますよ。

 

また、次の段落につながる語尾選びも重要です。

~してみましょう。という語尾は、読者をテンポよく次の段落へ誘導し、すらすらと読めるので記事からの離脱を防ぐ効果が期待できます。

 

 

3.ターゲットに合った言葉選びで離脱を防ぐ

記事のターゲットの世代によって、使う単語や「、」「!」の頻度などが変わってきます。

 

一般的には、若い世代がターゲットの文章には「、」は少なめにし、「!」の頻度は多めでも問題ないといわれています。30代以上の大人向け記事はその逆です。

 

言葉選びも含め、「、」「!」の頻度は若い世代がターゲットなら親しみやすい文章を、大人向け記事はかっちりめの文章を心がければ自然とそのターゲットに合った文章になります。

 

  1. 若い世代がターゲットの記事には親しみやすい文章を心がけよう!
  2. 若い世代がターゲットの記事には、親しみやすい文章を心がけましょう。

 

簡単な例文ですが、Aが若い世代向け、Bが大人向け記事の言い回しです。語尾を「。」にするか「!」にするかだけでも親しみやすさはがらりと変わりますよね!

 

 

4.説得力のカギは”つじつまの合った構成”

ライターになるなら、説得力のある文章を書くのは非常に大事なスキルになります。説得力を持たせるカギは、つじつまの合った構成で文章を作ること。

 

YES,NOのつじつまが合っているかどうか、しっかり見直すことが大切です。ひとつの文章でつじつまが合わない部分があると、記事全体の説得力が一気に低下してしまいます。

 

1つの記事を書いたら、記事全体でつじつまが合っているかどうかの見直しをするようにしましょう。

 

 

5.丁度いい意見を盛り込みオリジナリティを

文章には、自分の意見を丁度良く盛り込むことでちょっとしたオリジナリティを出すことができます。

 

意見の盛り込み方は、押し出し過ぎず引き過ぎない程度の伝え方がGOOD!押し出しすぎると納得してもらえにくくなりますし、引きすぎると何が言いたいのかわかりにくくなってしまいます。

 

丁度いい程度の伝え方は経験を積むごとにわかってきますが、自分の伝えたいことはしっかり伝えつつも、押し過ぎないのがポイントです。

 

 

まとめ

今回は、初心者ライターが身に付けるべきライティング法を具体的にまとめました。

 

初心者ライターにとって必要なものは、オリジナリティの強い文章よりも、シンプルで誰にとっても理解しやすい文章を書くことです。

 

個性を出すことは大切なことではありますが、初心者のうちはまずはわかりやすい文章を書くことを意識してみると良いでしょう。

 

そうして成長して自分のメディアを持てるようになった時には、わかりやすいかつ、個性的な文章を書けるようになれているはずですよ。