さらば東京!地方で活躍する最新ITベンチャーまとめ

 

近年、地方で活躍するITベンチャー企業が増えてきていることをご存知でしょうか?

 

少し前までは、ITベンチャーは東京に一点集中しており、地方在住者は上京しなければ働くのが難しい状況にありました。

しかし最近、メルカリやクラシルなどのITベンチャー企業が近年注目を集め「ITベンチャーで働きたい!」と思う若者が増えている中で、地方で活躍するITベンチャーが急増しています。

 

今回は、そんな地方で活躍する最新ITベンチャー企業をまとめてみました!

 

「ITベンチャー企業で働きたいけれど、都会のように人が多いところは苦手…」

「地元から出たくないけれど、ITベンチャー企業で働きたい…」

そんな思いを抱えている方は必見です!早速見ていきましょう!

 

 

地方で活躍するITベンチャーが増えている!

 

企業が地方でITベンチャーを立ち上げる理由は2点。

  1. 費用面でのメリット
  2. 採用面でのメリット

 

費用面では、東京に比べて家賃などの固定費が安く済むこと。採用面では、地方在住の若者を採用しやすいことがメリットとしてあげられます。

 

これまで地方に住むエンジニアを目指す若者たちは、夢を叶えるためには上京を考えなくてはなりませんでした。しかし、地方にITベンチャーが進出したことで、地元からそう離れずともエンジニアとして活躍できる場ができたのです。

 

また、未だ地方にITベンチャーが少ないことから、企業からの人材の流出が避けられるのもメリットの一つ。

 

東京では数えきれないほどのITベンチャーが存在していることからエンジニアたちの選択肢が多いですよね。その点地方ではまだまだ少ないため、エンジニアとして地元で働きたいのならこの会社だ、という選択肢が限られており、エンジニアが辞めていくことが少ないのだそうです。

 

費用面や採用面の他にも、地方創世の観点から地元の方からの支持を得やすい、応援してもらいやすいというものメリットとして考えられています。

 

では、具体的に地方にはどんなITベンチャーがあるのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

 

 

地域に密着した最新ITベンチャーまとめ

 

いち早く地域に密着し、起業したITベンチャーをいくつかピックアップし、徹底的に調べてみました。

どんな会社なのか、採用情報、所在地まで細かく調べてみたので、地方のITベンチャー企業で働きたいと考えている方は参考にしてみてくださいね。

 

 

1.エニセンス

参考URL:https://anysense.co.jp/

 

エニセンスは、福岡に本社を構え、主にアプリ開発やホームページ制作を行っているITベンチャー企業です。

 

東京には支社も構えており、積極的に事業展開をしている会社です。

エニセンスはとにかくスタッフの「個性」を大事にする企業で、個性の味方であり、個性を開くことを大切にしていることがホームページから強く伝わってきます。

 

現在はバックエンドエンジニアやアプリエンジニア、UIデザイナー、フロントエンドエンジニアの採用を募集しており、勤務は福岡本社か東京支社。各種社会保険や賞与など、福利厚生もかなりしっかりとしています。

 

開発を主に行うエンジニアにとって、エナジードリンクは大切なパートナーだという方も多いですし、エナジードリンクって意外と高価ですから、そんな方には嬉しい福利厚生ですよね!(笑)

 

 

2.ShiftPlus

参考URL:https://shift-plus.jp/

 

ShiftPlusは、高知県に拠点を構えるITベンチャー企業です。

 

ゲームやアプリのユーザーサポートやマーケティングサポート、独自の自動解決チャットサービス、ゲームやアプリの品質保証などを行っています。人材紹介や採用コンサルティングなども行っており、幅広く事業を執り行う地方ITベンチャーですね。

 

もちろん、webサイトやアプリの開発なども行っていますから、エンジニアとして活躍したい方は要チェックの企業です。

 

ShiftPlusは、地方でワクワクできる仕事をふやし、社会を豊かにすることを目指しており地方でエンジニアとして働きたいけど、仕事がない。なんて方にぴったりな社風です.

 

ShiftPlusでは、エンジニアはもちろん、営業マネージャーや事務マネージャーの求人も行っているため、エンジニアとしては働けないけれど、地方のITベンチャーで働き、自分のできることを活かしたいという方にもぴったりですね。

 

 

3.アラタナ

参考URL:https://www.aratana.jp/

 

アラタナは、宮崎県に拠点を構えるITベンチャー企業です。

 

宮崎県在住のエンジニア志望者たちは、皆こぞってアラタナに就職しようとするほど地域での知名度が高く、アラタナこそ、採用面や人材流出の面で成功した地方のITベンチャーといえるでしょう。

 

アラタナは東京にもオフィスを構えており、クリエイター、コンサルタント、サポートという3つの職種がアラタナを支えています。

 

採用も、クリエイター(エンジニアなど)、コンサルタント、サポートの3職種。メンバーの90%以上が宮崎県で勤務しており、通勤も徒歩と自転車がほとんどだそう。

従業員割引、パラレルワーク、フレックスタイム制など従業員にとって働きやすい環境も徹底的に整えられています。

 

4.株式会社ヤマップ

 

参考URL:https://yamap.com/

 

ヤマップは、福岡県に本社を構えるベンチャー企業です。

 

YAMAPという、電波の届かない登山中にオフラインでも現在地がわかったり、登山記録が簡単にできたり、登山情報を届けているアプリを開発した会社です。登山に対するかたいイメージを取り払い、あたらしい山の文化をつくることを企業理念としています。

 

ヤマップでは現在、各種エンジニアとデザイナーの求人募集を行っているため気になった方はサイトをのぞいてみてください。

 

健康サポートや子育てサポート、学びや職場の快適性など福利厚生もしっかりしており、働きやすい環境づくりがなされています。子育てサポートがあることから、女性でも働きやすい企業であるようですね。

 

 

5.地元カンパニー

参考URL:https://www.jimo.co.jp/

 

地元カンパニーは、長野県に拠点を構えるITベンチャー企業です。地元のカタログギフト事業やそのシステム事業、「セガレセガール事業」という3つの事業を主に行っています。

 

カタログギフト事業は名前の通り、カタログギフトを作成したりそのためのシステムを開発する事業です。セガレセガール事業とは、事業を継承する跡継ぎのためのコミュニティです。

 

地元カンパニーでは、エンジニアはもちろん、営業やサポート、各種オペレーターの求人募集も行っています。

 

システム開発に興味を持つエンジニアだけでなく、人のために活躍できるカタログギフト事業に興味がある方にもぴったりですね。

 

まとめ

今回は、近年地方で活躍しているITベンチャー企業について調査しました。

エンジニアになるなら、多くの場合上京しなければならなかった地方のエンジニア志望者たち。時代が流れるにつれ、そんな常識も変わりつつあります。

 

地方にもITベンチャーが進出したり、在宅で仕事することができる会社が増えたり。新しい働き方はこれからどんどん広がっていくことでしょう!

 

どんな地域に住んでいても、「地元でエンジニアで働きたい」という夢が簡単に叶う時代もそう遠くはないのかもしれませんね。