【初心者OK】フリーランスの仕事探し4選で確実に仕事を取ろう!

個人でも稼げる時代になり、フリーランスとして働く人が増えてきました。この記事を読んでいる人の中には、今の自分の働き方に疑問を覚えて、フリーランスを検討しているという人もいるかと思います。

 

しかし、

  • どうやって仕事を探したらいいのか分からない
  • フリーランスの人はどこで仕事を取ってきているの?

こういった疑問を持つ人もいるのではないでしょうか?

 

そこで今回は、フリーランスがどうやって仕事を見つけているのかを解説します。これから自分らしい働き方をしたい、という人は参考にしてみてください。

 

フリーランスは仕事探しで収入が決まる

まず当たり前のことですが、フリーランスは仕事がなければ収入がゼロです。ここはきちんと理解しておく必要があります。

 

なぜなら、どんなに高いスキルを持っていても仕事探しが下手だと、収入が安定しないからです。逆にスキルが低くても仕事探しが上手いと、収入を確保しつつスキルアップができます。

 

フリーランスで生計を立てるには、まず自分のスキルに合った仕事を獲得しなければなりません。スキルがあるからといって油断していると痛い目に遭ってしまいます。

 

初心者におすすめの仕事の探し方

それではフリーランスがどうやって仕事をゲットしているのか紹介したいと思います。

 

1.クラウドソーシングを利用する

クラウドソーシングとは、仕事を依頼したい人と仕事をしたい人を繋ぐサービスです。

 

手数料が発生しますが、初心者でも仕事が獲得しやすく気軽に利用できるのがメリット。仕事の受注から納品までウェブ上で完結できるため、副業や在宅ワークがしたい人にもおすすめです。

 

実績がないうちはクラウドソーシングを利用して、スキルアップや実績作りに励んでみてください。

 

オススメは日本最大級クラウドソーシングサービスを運営するランサーズ。駆け出しのフリーランスの方はまずはここから仕事を探してみましょう。
ランサーズ公式サイトへ

 

2.仕事がしたいメディアに直接営業

自分自身が憧れているメディアや会社があれば、メールなどで直接営業をしましょう。

 

ライターなら記事を書きたいメディア、イラストレーターなら好きな出版社などです。HPにはお問い合わせフォームが設けられていますので、メールを作成し営業をかけてみてください。

 

またメールの営業にはポートフォリオが必要です。ライターなら過去に執筆した記事、デザイナーならデザインをした作品などをまとめておきましょう。

 

3.フリーランスエージェントを利用する

一定のスキルがあるなら、フリーランスエージェントを利用するのもありです。エージェントは自分で営業をしなくても、スキルマッチをする仕事を紹介してくれます。

 

また自分の市場価値も可視化されるので、一人で仕事をするフリーランスにとってはありがたい存在です。

もし経験がないのであれば、クラウドソーシングで実績を作ってから利用してみてください。

 

4.ブログで発信をする

現在、自身のブログで発信するフリーランスが増えてきました。ライターを例に挙げると、得意分野の記事を書いたり、ライティングのノウハウを共有したりして、自分自身を知ってもらう活動をするのです。

 

すると記事執筆の依頼や仕事の相談が来ることがあります。ブログから舞い込んだ仕事は高単価の依頼も多く、きちんとしたクライアントさんが多いです。

 

またブログ自体がポートフォリオになるので、実績が少ない時期には大変活躍してくれる存在になるでしょう。

 

まとめ

今回はフリーランスの仕事の探し方について解説をしてきました。フリーランスは最初の実績作りが重要になってきます。まずはクラウドソーシングを利用し実績を積み、希望するメディアや業種に営業をかけていくと良いでしょう。

 

またウェブ上で完結する仕事が多いですが、人が関わっていることを忘れてはいけません。クライアントを大切にし、丁寧なやり取りを心がけることで仕事は増えていきます。

 

これからフリーランスになりたい、リモートワークに憧れているという人は参考にしてみてください。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です