好きなことを仕事に!副業フォトグラファーになる4つの方法

こんにちは!フォトライターのまめです!

今ではフリーランスとして写真を本業としておりますが、

そのきっかけはアパレル会社員時代、副業でフォトグラファーを始めたことなんです。

 

副業フォトグラファーになるのに難しい方法はいらない

 

副業フォトグラファーになるために、webサイトを1から作ったり、会社を立ち上げる必要はありません。

Instagramのフォロワーが少なくても関係ありません。

私はsony α7iiという、今では中古で10万円以下で購入できるカメラで副業フォトグラファーとしての活動をしておりました。

大切なのは自分に合った方法を見つけることだと思います。

今回は私が実際やっていたことだけを抜粋してお伝えしていきます!

 

 

副業フォトグラファーになる4つの方法

 

ポートレートを撮りたい人向け

 

方法1→①出張撮影サービスにフォトグラファー登録する。

 

出張撮影サービスは、「日付・地域・撮って欲しい内容」を伝えると、日本全国に登録されているフォトグラファーからを派遣し、納品、管理まで行うサービスです。

たくさんあるサービスの中でも、私が登録していた2社をご紹介します。

ourphoto

お宮参り、七五三などの家族写真や、プロフォール写真撮影・コスプレ撮影など幅広いジャンルで依頼を受けることができます。

事前に設定するポートフォリオ写真でお客様の層が変わるため、どんな写真が撮りたいのか考えた上で写真を設定することをおすすめします。

 

顧客単価を自分で設定できることが特徴で、現在8000円-20000円まで設定可能となっています。

最初から単価を高く設定すると、依頼数が減少してしまうので、ポートフォリオを充実させ、撮影回数を重ねピックアップフォトグラファーに選ばれるよう努力を積み重ね、徐々に上げていくのが良いと思います。

交通費込みで、手数料の35%が引かれた価格がフォトグラファー報酬となります。

おひねり機能というチップ制度があり、お客さんの満足度を高めるとそのまま収入に繋がるので、すごくやりがいをもって仕事に望めました!

 

面接は事前の写真審査・skypeにて面談があります。

事前に提出したい写真を用意し、自信を持って臨みましょう!

 

 

fotowa


主にお宮参り、七五三などの家族写真や、お子様の撮影の依頼を受けることができます。

 

顧客単価は一律価格となっているのですが、平日19,800円、休日23,800円と日にちによって変動します。

交通費込みで、手数料35%が引かれた価格がフォトグラファー報酬となります。

 

面接は事前の写真審査に加え、対面での面談、撮影スキル審査があります。

撮影スキル審査は、面接官の人にポージングを指示して写真を撮るというものでした。

私の時は優しい方だったので、緊張せず笑顔で撮影することができました。

 

 

方法2→②ブライダルフォトグラファーのアシスタントとしてアルバイトする。

 

結婚式は土日に行われることが多いので、ブライダルのお仕事は、休日フォトグラファーととても相性が良いんです。

まずは近くでアシスタントを募集している会社を探しましょう。

私はIndeedさんで見つけましたが他にもタウンワーク、バイトル、マイナビバイトなど、様々な媒体があるので、根気よく探してみましょう。

 

最初は最低賃金くらいで、メインフォトグラファーの荷物持ちなどで現場に入ることが多いのですが、プロの現場を間近で見られるのはとても良い経験になります。

土日のみ働くと仮定し、独り立ちするのに早くても3ヶ月くらいかかると思います。

写真が上手くても、ブライダル特有の立ち振る舞いを覚えるのにどうしてもそのくらいかかってしまう為です。

晴れて独り立ちすることができると、お給料も跳ね上がりますし、会社の看板を背負い様々な業界の方と繋がることができます。

将来本格的にフリーランスになる足がけとしてもとても良いと思います!

 

面接では必ずポートフォリオを求められるので、ブライダル関連のものがなくても、自信のあるポートレートを用意して面接に臨みましょう!

 

 

 

建築やフードなど、企業案件編

 

方法1→③Googleの認定フォトグラファーになる。


ストリートビューの投稿ができるフォトグラファーのことを指します。

詳しくはこちらに記載されています。 google認定フォトグラファー公式サイト

 

認定フォトグラファーになると、ストリートビューアプリ上に、現在地近くのストリートビューがない店舗一覧が出てくるので

そこに片っ端からアプローチすることもできます。

googleの認定フォトグラファーリストにも掲載されるので、企業の方から連絡がくることもあります。

 

ストリートビューだけでなく、合わせて店舗の外観や商品写真も撮れるとより営業がしやすいと思います。

 

なる方法としては、googleストリートビューアプリに360度写真を50枚アップロードするだけです。

360度カメラを使う場合が多いのですが、実はスマホ1つでも360度写真を作成し、投稿することができます。

こちらは少し難しいので次回詳しく解説したいと思います!

 

 

 

方法2→④飲食店に飛び込みで営業しに行く

 

主にHPやメニューの写真のご依頼を受けることが多いです。

近所の個人経営のお店など、HPのメニューにスマホで撮った写真を掲載しているところにアプローチするのが良いと思います。

やはりきちんとライティングして、画質の良いカメラで撮影した写真の方がSNS映えもしますし、商品の魅力も伝わります。

私はまず無料で撮らせてもらった写真をポートフォリオにさせてもらい、その写真を使って営業していました。

 

 

 

まずはポートフォリオを作ろう

 

面接に通るためや、営業をするのにも、ポートフォリオはとても大切です。

webサイトに上げなくても、すぐに見せられる写真をストックし、タブレットで見せたり、

プリントしてファイルに入れて持ち運ぶのも良いと思います。

 

 

 

土日だけで副業し、私は平均月4-5万円いただいておりました。

少額ですが、1年でかなり良い機材を購入する資金にもなりますし、好きなことで少しでもお金を稼げることがなによりも嬉しかったです。

 

是非みなさんもチャレンジしてみてください◎




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です