フリーランス編集者になろう!必要な3つのスキルと向いている人の特徴とは

こんにちは、編集者のなつさんです。

わたしは今フリーランス編集者としていくつかのメディア運営に関わっていますが、その中でライターさんから「わたしもフリーランス編集者になれますか?」と聞かれることがあります。

 

はっきり言うと、努力次第で誰でもフリーランス編集者になることはできます。しかし、他の職業と同じで、フリーランス編集者にも必要なスキルや向いている人の特徴が存在します。

今回は、フリーランス編集者になりたい!興味がある。と言う人に向け、フリーランス編集者に必要なスキルと向いている人の特徴を紹介したいと思います。

 

これを参考に、改めてフリーランス編集者を目指すのかどうか考えてみてください!

 

フリーランス編集者に必要な3つのスキル

よく世間では「ライティング能力の高い人が編集者になる」と思われていますが、これは半分正解で半分間違っています。

もちろんライティングスキルは必須です。良い文章を書けない人が良い編集作業はできません。

しかし編集者に求められるスキルは、実はほとんどがライティングスキルとは別物なのです。それを踏まえた上で必要なスキルを見ていきましょう。

 

構成力

まず最も編集者に求められるスキルの一つが「構成力」です。

編集の世界では「良い記事は構成で決まる。」と言われているほど、文章を書く前に作られる”構成”が大切です。良い構成を作ることで、ライターさんには質の高い執筆を行ってもらえますし、それを読んだユーザーはサイトへの満足度を上げ、リピーターになってくれます。

 

では”構成力”がある人は具体的にどんな事ができるのか、私が考えるのは以下の3つです。

  • ユーザが納得できる記事の導線を作れる
  • ターゲットに合った記事のテーマを考えられる
  • 競合記事に勝てる記事の内容を作れる

もし全て出来なくても大丈夫。このうちのどれか1つができていれば、まずは編集者として構成力があると言えるでしょう。

 

フリーランス編集者を目指す場合は、即戦力として企業やメディアと関わることになるため、この構成力は必ず身につけておきましょう。

 

コミュニケーション能力

編集者はいわば「ライターのリーダー的存在」です。各ライターさんに支持を出したり、フィードバックを送る作業も編集者の仕事になるためコミュニケーション能力は必須スキルと言えます。

 

ただダメな部分を指摘するのではなく、具体的に変更例を出す、出来ている部分を褒めるなどして、ライターさんのモチベーションを保つことも編集者の大きな仕事のひとつ。

編集作業とは全く関係がありませんが、コミュニケーションを大切にできるフリーランス編集者を企業は手放しません。長期的に編集者として働いていきたいのなら、まずはコミュニケーション能力が十分かどうかを考えてみましょう。

 

スケジュール管理力

先ほど編集者はライターのリーダー的存在と言いましたが、メディアによってはライターさんの数が10人や30人などになる事があります。

フリーランス編集者の場合、自身のスケジュール管理力は当たり前とされており「人のスケジュールも把握・管理できるかどうか」が大切になります。

 

記憶でどうにかしようとしてもどうにもならないので!自分に合ったスケジュールツールなどを使い各ライターさんのスケジュールを管理してみてください。

 

こう見ると編集者ってむっちゃやる事多いですね…ははは

 

編集者に向いている人の特徴

ここからは編集者に向いている人の特徴を紹介します!

あくまでも主観なので、当てはまらなくても「なんか言ってるわ〜」くらいに思って、フリーランス編集者をぜひ目指してくださいね。

 

読書感想文が上手い

小学生の時、読書感想文ほめられたなー。なんて記憶のある人は確実に編集者に向いています。

読書感想文が上手に書けるということは、構成力やライティング力など編集者に必要なスキルを小さい頃から持っているということです。今すぐ編集者になりましょう。

 

時代の流れに敏感

編集者は、メディアの方向性や記事のターゲットなどを常に意識し「これでいこう!」という決断を下す必要があります。

そのため、時代の流れに敏感で”今何が求められているのか”を把握できる人は、メディア編集者に向いていると言えます。

 

人の気持ちが分かる

SEOSEOと世間では騒ぎますが、結局記事を読むのは「人」です。読んだ人の心に届かなければSEO対策もなんの意味もありません。

人の気持ちが分かる人は、本質的に人が求めている内容の記事を書けるため、記事のPV数も爆あがり間違いありません。

 

地道なことが好き

編集者!!というとなんか上の人みたいでかっこいいですが、やってることはむちゃくちゃ地味です。

毎日ライターさんの記事を見てはちょこちょこ編集したり、キーワードを求めてネットを徘徊しています。

 

そんな決して華やかではないけれど、着実に結果の出る編集者の仕事は「地道なことが好き」なタイプにはぴったり。

コツコツと努力して確実に結果を出すタイプの編集者が私は大好きだ。

 

まとめ

フリーランス編集者に必要な3つのスキルと向いている人の特徴を紹介しました!最後の方はほぼ主観なので無視してもらってOK!

みんなで良い編集者を目指しましょうー!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です