【最新版】フリーランス編集者を募集しているおすすめサービスを紹介!

こんにちは!現役フリーランス編集者のなつさんです。

 

フリーランスのライターとして現在働いている人が、次のステップとして選ぶことの多い編集者の道。給与もライターに比べて高く、ライティングスキルを生かせるというメリットがあります。

 

最近「編集者の仕事を探している。」「編集者の仕事に挑戦してみたい!」という声をもらうことが増えてきたので、フリーランス編集者の仕事を募集しているサービスをまとめて紹介したいと思います。

 

現役フリーランスで、編集者の道に興味がある!という方はぜひ参考にしてみてください。

 

そもそもフリーランス編集者って?

編集者の仕事は皆さんご存知の通り、記事の修正をしたり記事の構成を考えライターさんに投げるお仕事ですよね。

 

フリーランス編集者も仕事内容は同じですが、勤務形態が大きく異なります。ほとんどのフリーランス編集者はオフィスには通わず、基本的に家やカフェなどでのリモートワーク作業が中心。月に全体ミーティングが数度ありますが、それ以外は自由気ままに作業をしています。

 

ライターとして経験を積んだ人が編集者になるパターンがほとんどで、私もこの流れに沿って編集者になりました。

しかしライティングと編集の仕事は全く種類が違うものなので、「やっぱり自分はライティングをしていたい!」とライターに戻る人も中にはいます。

 

フリーランス編集者の時給は2000円〜5000円!

編集者の給与相場は時給1000円から3000円。大手メディアの専属フリーランス編集者となるとさらに桁が上がるので、編集者を目指すなら目標として持っておきましょう!

 

そのほか、時給制ではなく案件ごとの単価で支払われる企業も多くあります。作業が早く効率良く仕事が終わらせられる人は、案件ごとの支払いがおすすめ。

 

企業が提示している給与が妥当なものなのか評価するときは、その企業のライター給与を参考にしてみてください。

編集者はライターよりも上の位置付けにある役職なので、通常のライターが時給2000円だった場合は編集者はそれ以上の価格帯でなければ妥当ではありません。

状況にもよりますが、もしライター給与より低い価格の場合は、価格交渉の余地があると思っておきましょう!

 

フリーランス編集者を募集しているサービスまとめ

それでは実際にフリーランス編集者を募集しているサービスの中から、おすすめのものを紹介していきたいと思います!

1.ランサーズ

フリーランス業界では言わずと知れたサービス「ランサーズ」。

サービス全体で”編集者”の競合が少ないため、経験が浅くてもアピール次第で採用されるというメリットがあります。

 

フリーランス編集者として駆け出しの方や、編集者としての経験を積みたい!という人はまずチェックしてみてください。

 

2.求人ボックス

編集者やメディア運営に関する求人が幅広く掲載されているのが「求人ボックス」です。一つのプロジェクトとがっつり関わりたいという人におすすめ。

キーワードに”業務委託”や”請負”を含んで検索すると、フリーランス編集者を募集している企業やメディアが出てきますので、調べてみてください!

 

3.ココナラ

ココナラ は、案件を探すのではなく「自分のスキルを買ってもらうことができるサービス」です。

仕事を継続して探すメインのサービスとしては不十分ですが、自分の編集者としてのスキルを商品化すれば、仕事をゲットするチャンスを作れます。

 

登録や出品は無料なので、まずは編集者スキルを販売してみてください!

 

4.クラウドテック

高時給なフリーランス編集者の案件が見つかるのがクラウドテック です。スキルや条件は他のサービスと比べて厳しいが、合う仕事があれば編集者として着実にキャリアを積んでいくことができます。

 

編集者としてしっかり稼いでいくことが目標の人は、こちらのサービスをチェックしてみてください。

 

5.Indeed

求人ボックスと同じく、インディードでも編集者の求人が数多く検索できます。単発の案件ではなく高時給で長期間に渡って働きたい!という方はこちらから検索してみてください。

 

5.クラウドワークス

フリーランス編集者の案件が充実しているクラウドソーシングサービスの一つ、クラウドワークス。上で紹介したランサーズよりも案件数が充実しています。

ただ、ライターの競合人数が多いのでポートフォリオを充実させ企業にしっかりアピールする必要があります。

 

6.Wantedly

編集者の募集自体は少ないですが、Wantedlyにはメディア運営に関する募集が数多く掲載されています。

ベンチャー企業の募集が中心なので、「とにかくやる気がある!」という方にぴったりのサービスです。

 

7.sagojo

旅と仕事がテーマの求人サービスSAGOJOでは、各地を訪れるなど取材ライターとして活躍できる様々な案件に応募することができます。

ライターの次のキャリアとして”編集者”としての仕事はもちろんおすすめですが、”取材ライター”などに挑戦するのも楽しそう!と思う方はSAGOJOで案件を探してみてください。

 

まとめ

フリーランス編集者を募集しているサービスを紹介しました!

この記事で紹介しているサービスを上手に使い、あなたの条件に合う編集の仕事に出会ってください!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です