【リモートワーク歴1年】特に最高だった5つのメリットを紹介します!



こんにちは!リモートワーク 歴1年、ライターのこっちゃんです。

以前は毎朝会社に出勤し夜に帰るといった、いたって普通の生活をしていたのですが、ひょんなことからライターとしてリモートワーク を始め1年が経ちました。

正直大変なことの方が多いと思っていたのですが、今では本当に始めて良かったと思っています。今回は、リモートワーカー歴1年の私が「特に最高だったリモートワーク のメリット」をご紹介していきたいと思います。


リモートワーク初年度のはこんな感じだった

 

まず私が実際に過ごしていたリモートワークのスケジュールを簡単にご紹介します。


好きな時間に働く



基本的に働く場所や時間は決まっておらず、1日5時間ほど働く毎日でした。

勤務時間については申告制になっているので、毎日パソコンを開いたタイミングでメッセージアプリにてチームのメンバーに「今から仕事を始めます」という内容の報告をします。


休憩のタイミングや働く場所は自由



休憩時間の指定もなく働く場所の指定もないため、自己管理に慣れるまでは大変でしたが、タスクが終わっていればその日の仕事は終わりなので、慣れれば自分のペースで伸び伸びと働くことができます。


リモートワークを1年やって特に最高だった5つのメリット

好きな時間に働ける



リモートワークの特徴の1つです。自分のライフスタイルに合わせて働けるので、子育て中の方やどうしても朝早いのが苦手な方、趣味に時間を使いたい方にはやりやすい働き方です。

リモートワークは仕事の時間を自分で調整することができるので、私の場合は趣味の料理に時間を使ったり、会社勤めの時には疲れと時間の無さからあまりできなかったゆっくりお風呂につかることや、美容にもっと気を使えるようになりました。

逆をいうと会社のような時間の管理がないので、自分でタイムスケジュールを組んで一日の作業を管理しなければなりません。


満員電車に乗らなくていい



私は毎朝の通勤ラッシュが本当に嫌いでした。同じように苦手な人って結構多いと思います。毎日数十分~数時間かけて会社と自宅を行き来するのは時間と体力を無駄に消耗しているような気分でした。

せまい空間で知らない人に囲まれるのはストレスになります。リモートワークでは通勤は必要ないのでわざわざ混んでいる時間に電車に乗りストレスを受けることが減りました。

人の少ない時間帯の電車は、景色も楽しめてゆらゆらと揺れるので、逆にリラックスできることもありました。


効率的に働ける



1でも書かせていただいたとおりリモートワークでは自分のライフスタイルに合わせて勤務時間を調整することが可能です。趣味の時間をきちんととりたい人や、習い事をしている人なんかも働きやすいと思います。

 

フリーランスコミュニティに入れる



コワーキングスペースという、事務所スペースや会議室、打ち合わせスペースを共有しながらそれぞれが独立した仕事をすることができる共用スペースにて作業をしていると、ほかのフリーランスの方々とお知り合いになることができます。


作業中にもしわからないことがあった場合技術面でサポートしてもらえることもあり、自分のコミュニティも広がるのでよかったです。フリーランスで働いている方が多いのでそのまま新たな仕事や出会いにつながることもあります。


体調にあわせて働ける



私は低血圧のため、季節の変わり目や天気により体調が優れない日があり会社に勤務していた時代は本当に大変でした。

しかしリモートワークを始めてからは具合の悪いときは少し横になったり、調子のいいときに作業を少しずつ進めたりと、自分の体調の変化やタイミングに合わせて仕事ができるのがとても働きやすかったです。


リモートワークに合ってる人ってこんな人



リモートワークは次の特徴に当てはまる人にはとてもいい働き方だと思います。


コミュニケーションをとることが好き



リモートワークはひとりで黙々と作業しているようなイメージが強いですが、実際はコミュニケーション能力がとても大事になってきます。

リモートワークでは、チャットやメールで仕事のやり取りをすることが多いので、顔を会わせることがなく、表情を読み取ることができません。なので、きちんと相手のことを考えて分かりやすく、冷たい印象を受けないように文章を書いたりと、気を使わないとトラブルの原因になることもあります。



また、コワーキングスペースを積極的に活用し自分のコミュニティを広げることができれば、技術面でサポートをし合えるだけでなく新しい仕事に繋がることもあります。


スケジュールを管理したり、計画をたてることが得意



リモートワークは、周囲の目がないので、仕事をするのも休憩をするのも自分の自由です。

休憩をとろうと思ったらついつい長く休んでしまいがちですし、自宅やカフェなど、オフィスの外には誘惑も多いので、それに負けて仕事が進まなくなってしまうとチームのメンバーにも迷惑がかかってしまいます。

なので、1日の計画をきちんとたて、そのスケジュールに合わせて行動できる人はリモートワークに向いています。


積極的に行動ができる



リモートワークではお互いの顔が見えないからこそ自発的に行動することがとても大事です。

疑問や問題が起きてしまったときには積極的に自分からチームに連絡を取り、相談しながら進めていく必要があります。



だれかに指示をもらったり後押しされないと行動ができない人は、改善してからじゃないとトラブルが起きてしまう原因になることもありますので、「報連相」をきちんとできるようにしましょうね。


仕事が好き



リモートワークでは、仕事が好きかどうかは重要です。もし仕事が嫌いなまま、「リモートワークっておしゃれ」というイメージだけで始めてしまっては、どうしても仕事中に誘惑に負け、作業が進まずクライアントに迷惑をかけてしまうことに繋がります。

仕事が好きで、きちんとした目標や意思を持っている人が向いていると思います。


まとめ



いかがでしたか?今回はリモートワークのメリットについてご紹介しました。

わたしは体調や自分のライフスタイルに合わせて働けるのに魅力を感じてリモートワークを始めましたが、おかげで余裕のある生活が手に入り満足しています!

もしリモートワークに興味のある方がいらっしゃいましたら、こちらの記事も合わせてチェックしてみてください!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です